[ステッカー製作WEB]バス・トラック等、車のステッカー作成

車のステッカー作成

営業車、バス、トラック等の大型ステッカーはボディに貼りやすい分割製作が便利です。

エンビステッカーが車用に最も多く利用され、適しています。耐候性は6年以上あります。

一般サイズの車ステッカーはエンビステッカーのページに価格表があります。

ステッカー作成 ロゴ
サンプリント印刷
TEL:0126-64-4393
FAX:0126-62-5399
車 ステッカー作成

車の大型ステッカー作成

車のステッカーはエンビステッカーが最も多く使用されています。

送迎バス・トラック・マイクロバス等、大型車に貼るステッカーは、ドアや窓、つなぎ目など各パーツ毎に小分けして作成すると、貼りやすく仕上がりがきれいになります。

スクールバス表示のステッカーやマグネットは、こちら→スクールバス表示

車ステッカーの作成例は、右欄メニューからご訪問ください。

大型ステッカーの分割製作
大型ステッカーは、分割してパーツ(部分)に分けた方がきれいに貼ることができます。車ボデーのつぎ目を境にして分割カットして製作します。→車ステッカー分割製作 詳細
車ステッカー/つつじの分割作成画像 Dogpit車ステッカー分割例
車の大型ステッカー作成の価格
大型ステッカーの分割製作価格は、製作サイズ・切り抜き・デザインによって価格が異なってきますので製作価格詳細については、右欄「お問合せ」をクリックの上お問合せください。
貨物車のゼッケン(営業登録番号)の作成
ダンプカーやトラック等、営業用貨物車のゼッケン(営業番号)のステッカー作成。
車両の荷台側面に貼付する番号で、切り文字タイプとシート印刷タイプが製作できます。
貨物車の営業番号作成の詳細は→営業番号作成 詳細へ
車ステッカー画像。ダンプカー営業番号

ガラス(ウィンドー)に貼るステッカー

車内から外に向けて貼るステッカーには、「両面ステッカー」と「内貼りステッカー」があります。
営業車等で車内広告に利用できます。両面ステッカーは車内と車外の両方にPRができます。内貼りステッカーは車内側からは無地ですが車外から見えるようになります。
どちらも車内に貼るのでステッカーが傷みにくく長持ちします。

分割ステッカーを貼るコツ
分割ステッカーを貼るときは、コップ1杯の水に対して台所用液体洗剤1滴を加えて貼付面を拭いてからステッカーをかるく貼り、裏の石鹸水と空気を押し出すようにステッカーの上からプラスチック等で押して貼るときれいに仕上がります。
凹凸面もせっけん水で軽く凹凸にそってそれぞれの分割されたステッカーを順番に貼り、最後にドライヤーで暖めながら凹をタオルで押していくときれいに仕上がります。多少の慣れは必要です。
詳細は→ステッカーの貼り方へ
凹凸面、目地へのステッカーの貼り方 ←左図

縦の分かれたすき間は、ステッカーを軽く貼って 水分を抜いてある程度乾いてから すき間中央から縦にカットします。
あまったステッカーの部分を裏へまわし込んで貼付。
すき間は ワックス等が固まっていることもあるので、事前によくふき取ってください。仕上げはドライヤーで決めてください。

素材はエンビで耐水性があり、車や屋外で長期に使用することが可能。表面はラミネートで紫外線による退色も少なく長期に使用可能。

ステッカーの貼り方 3次曲面の仕上げ画像 ←左図

三方向の部分(三次曲面)は熟練が必要。
手順は同じですが、ある程度せっけん水が抜けたところで ドライヤーで熱をかけステッカーをひっぱって伸ばしながら、しわにならないように貼ってください。

最後に余分にのびた部分をカットして形をととのえてください。変形したカスを除去する時は、下地をきずをつけないように注意が必要。素材はエンビなので、ドライヤーの熱で伸ばすことが可能。


ステッカー作成の関連サイトです。
電脳ステッカー→
防水、屋外対応ステッカー作成
ステッカーマニア→
オリジナルステッカーステッカー作成
アートステッカー→
オリジナルステッカー、切り文字、カーシールは早くて安い激安通販アートスペース
かんべ情報印刷→
車、ガラス、窓のカッティングシートによる格安ステッカー作成
リーズプリント→
車用ステッカー印刷や看板用大判出力、タペストリー印刷
ステッカー製作屋→
オリジナルステッカー、シール製作の老舗